こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 同志社社史資料センターホーム
  2. > 2016年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 【8/6】第1部門研究(新島研究)8月一日研究会のご案内

新着ニュース

【8/6】第1部門研究(新島研究)8月一日研究会のご案内

'16年8月1日 更新
標記の研究会を下記の要領で開催します。会員でない方もどうぞご出席ください。
                 記
日時 2016年8月6日(土)10:30~17:00 受付10:00~
会場 同志社大学今出川キャンパス明徳館1番教室
開催趣旨
 本年度は新島襄の受洗150年にあたる。大学では、創立150周年に向けて『同志社大学ビジョン2025』(以下、「ビジョン」)にもとづき、建学の精神である「良心教育」と、それを実践するための「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」という3つの教育理念を今日的に読み解いて実践する取り組みが始まっている。この「ビジョン」には「キリスト教主義は、本学の原点であり、3つの基本理念のなかでも中核をなすもの」と明記されており、取り組みを推進するうえでも、さらには「ビジョン」が目指す、理想の大学の「完成」(創立200周年)という宿願を達成するためにも、今こそ、新島襄のキリスト教やその源を探究することが不可欠と言えよう。
 そこで本年度の8月一日研究会では、「新島襄受洗150年」と題するシンポジウムを行う。本井康博会員による「新島伝の謎『授洗者は誰か』を解く」と、北垣宗治会員による「新島襄のキリスト教」の2報告、さらにキリスト教文化センター所長でもある横井和彦代表からのコメント(「同志社大学のキリスト教―その再確認と推進」)を通じて、上記課題に取り組む足掛かりを築くことを目指す。
                                                以上