こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 同志社社史資料センターホーム
  2.  > 編集・出版
  3.  > 新島研究(第40号~第21号)

新島研究

第40号(1972年11月)

新島語録(40)
説教稿(愛とは何ぞや)新島 襄
新島日記(出遊記)新島 襄
蘇峰遺著「三代人物史」に滲み出る新島襄先生への愛着観ト部 和義
デビス博士の生涯森中 章光
懸賞論文「新島先生の肖像がわたしに語りかけることば」神谷 遊
懸賞論文「先駆者としての新島襄」大橋 隆
なお生きてあり(39)森中 章光
ジョセフ・ハーディー・ニイシマ(英文)E・C・BOYNTON

第39号(1972年2月)

新島語録(39)
説教メモ「吾信ず我不信を助賜へ」新島 襄
新島日記 明治15年続き
吉田松陰と新島襄卜部 和義
新島先生に対する協力者たち(下)秦 孝治郎
高島秋帆と新島襄(下)鏑木 路易
デビス博士の生涯森中 章光
新島先生の性格の分析的研究(懸賞論文)水口 賀代
わたくしの新島先生観(懸賞論文)中井 敦子
なお生きてあり(38)森中 章光

第38号(1971年1月)

新島語録(38)
説教稿「信仰」新島 襄
新島襄と内海忠勝足立字三郎
新島先生に対する協力者たち秦 孝治郎
高島秋帆と新島襄鏑木路易
デビス博士の生涯(29)森中 章光
ジョナサン・ニュートン・ハリス伝等中西 進
懸賞論文「新島襄と現代の青少年」宮田 敬子
新島先生を見直す田村 光三
なお生きてあり(37)森中 章光

第37号(1970年3月)

新島語録(37)
「新島研究」十五週年に思う住谷 悦治
同志社新島研究会ならびに
「新島研究」誌十五年間の歩み加藤 延雄
新島先生 その生涯の意義について森中 章光
徳富蘇峰翁端書
総目録(第1号-第36号)
新島研究索引 Ⅰ標題別 Ⅱ著者別

第36号(1969年9月)

新島語録(36)
悔 改(説教稿)新島  襄
新島日記 明治15年6月7日より新島  襄
新英州神学の実践面足立字三郎
新島襄の教育上のビジョン(懸賞論文)小西 裕美
山口 真理
沢辺琢磨伝福永久寿衛
デビス博士の生涯森中 章光
我が心の新島襄(懸賞論文)岸田  博
なお生きてあり森中 章光
“Upright against God”The Story of NeesimaP.F.Mckeen

第35号(1968年9月)

新島語録(35)
十字架の贖(説教稿)新島 襄
百年前の新島先生加藤 延雄
新島先生の信仰の背景をなす新英州神学について大塚 節治
E・Aパーク教授、アンドバー神学校図書館の写真
新島襄における愛の心(懸賞論文)川端 敏史
デビス博士の生涯 27森中 章光
なお生きてあり 35森中 章光
P・F・マッキーン著 新島襄略伝について
新島 襄 略伝Phebe F.Mckeen

第34号(1967年11月)

新島語録(34)
快楽(説教稿)新島 襄
六大教育家頌辞(抄)辻 新次
新島日記新島 襄
新島先生の最終目的横井 時雄
「新島日記」詳解三たん紀行編同志社香里中学校地歴部
新島襄のキリスト教思想-その社会事業的意味-中条 明子
山崎為徳書簡(舞野宛)山崎 為徳
デビス博士の生涯(26) 森中 章光
新島先生と友達(懸賞論文当選作)谷脇 千尋
なお生きてあり(34)森中 章光

第33号(1967年1月)

新島語録(33)
霊に播け(説教稿)新島  襄
新島襄受洗一〇〇周年加藤 延雄
新島日記新島 襄
遊奥記事新島 襄
近代日本と新島襄 第六回懸賞論文入賞作林 育雄
金のかからぬ選挙
明治期における同志社の苦難(三) 足立宇三郎
新島襄乗船の『快風丸』の研究鏑木 路易
下津井港で
デビス博士の生涯(25)森中 章光
なお生きてあり(33)森中 章光
書評 砂川万里氏の「新島襄」を読んで手塚 竜麿

第32号(1966年4月)

新島語録(32)
我已に世に勝てり(説教稿)新島 襄
新島日記 明治十五年(10)新島 襄
新島襄の蘭学研究(下)鏑木路易
デビス博士の生涯(24)森中章光
新島襄先生の遺書(アルプスにて)前半
同志社の苦難Ⅱ足立宇三郎
なお生きてあり(32)森中章光
新島先生研究 参考図書

第31号(1965年8月)

新島語録表紙内側
カインとアベル(説教稿)新島 襄
百年前N・K
新島日記 明治十五年(9)
臨終の新島先生の看護婦鈴木 限三
新島先生と洋学(記念講演)重久篤太郎
アンナの手紙(記念講演)加藤 延雄
新島襄と明治教育(懸賞第一位入選論文)徳永由美子
新島襄と蘭学研究鏑木 路易
デビス博士の生涯(23)森中 章光
同志社の苦難 1足立宇三郎
山崎為徳改葬始末田中 良一
なお生きてあり(31)森中 章光
若き日の新島襄先生より学ぶもの(懸賞第一位入選論文)中条 潮
在同志社新島関係資料 目次Ⅰ

第30号(1965年1月)

新島語録(30)表紙内側
衣服をうりて刀を買うべし(説教)新島 襄
質疑応答
新島七五三太の脱国に関する二・三の点につき加藤 延雄
新島日記 明治十五年(8)
新島先生の平民主義大塚 節治
沢山保羅先生 -先生と同志社の大リバイバルー足立宇三郎
同志社の大リバイバル -同志社教会記録から-NK生
民主主義の発展と新島襄(懸賞論文二等)俣野 真美
なお生きてあり(三〇)森中 章光

第29号(1964年3月)

新島語録
伝道(説教)新島 襄
新島先生の病床に侍して遠藤銕太郎
新島先生と現代(説教)大塚 節治
新島日記 明治十五年(7)
新島先生に関する牧野翁の話
デビス博士の生涯(22)森中 章光
デビス博士の一面加藤 延雄
民主主義の発展と新島襄(懸賞論文第一等入選作)関口 徹
死と直前の心境 新島先生の手記
“なお生きてあり”(二十九回) 自責の巻(8)恩師のなさけ森中 章光
クラーク記念館の一隅から

第28号(1963年11月)

“此の人を観よ”(説教)新島 襄
職を賭して青年を助けた船長
望ましき前進目標(シーリー教授印度講演)今谷逸之助 訳
新島先生の書簡より
新島先生と私共-学生への勧め-田中良一
新島日記 明治十五年(4)
愛と信仰の力(新島書簡の一節)
デビス博士の生涯 第二十一回森中章光
“なお生きてあり”(二十八回) 自責の巻(7)森中章光 作
下宿人でなく家族の一人です
摂理の御導き新島 襄
遺品庫便り田中 良一
新島先生が選ばれた聖句

第27号(1962年12月)

日本における基督教主義大学のためにN・Gクラーク博士
自修主義の教育安部 磯雄
安息日と文明国の関係について(説教)新島 襄
同志社ハリス理科学校 J・N・ハリス氏の書簡訳
新島先生英文書簡の編者A・S・ハーディー氏の略歴
新島先生より福土成豊あて書簡(原英文訳)
新島先生の声をきく末光 信三
新島先生について松山高吉翁直話
新島日記 明治十五年(3)
デビス博士の生涯 第二十回森中 章光
新島先生愛唱讃美歌
新島先生の人物・思想・信仰について同志社大学経済学部学生
平尾 誠吾
“なお生きてあり”(二十七回) 自責の巻(6)森中 章光 作

第26号(1961年12月)

“神によりてたち神によりて栄ゆる学校”J・Dデビス
“義人之祈”(説教)新島 襄
新島先生あて書簡文部大輔田中不二麿より
新島日記 明治十五年(2)
キャプテン・ジェーンス(Ⅰ)その人物・熊本洋学校における教育
新島襄先生の人物・思想・信仰について同志社大学経済学部学生
山内 真樹
デビス博士の生涯(19)森中 章光
孤児院創始の父 ジョージ・ミューラー(序文稿)新島 襄
“なお生きてあり”(二十六回)自責の巻(5)森中章光

第25号(1961年5月)

“日本における基督教主義高等教育のために訴う”(原英文訳)新島 襄
勝海舟と先生原田  助
函館湾頭の福士成豊を憶う秦孝治郎
ハーディー氏あて新島書簡
“宗教は万民の望むところなり”(説教)新島 襄
私の新島襄先生観(当選懸賞論文)木内 正一
デビス博士の生涯(18)森中 章光
新島日記(明治十四~十五年)
“なお生きてあり”(二十五回) 自責の巻(4)森中 章光

第24号(1961年1月)

真理につきて証せんためなり(説教)新島 襄
大いなる結果に期待するJ・Hシーリー
新島 襄 教育思想とその形成過程(三)松本 嘉一
マウントバーノン教会
新島日記 明治十三年(6)
デビス博士の生涯(17)森中 章光
新島先生元旦書簡(和文訳)
デビス博士を偲ぶ足立宇三郎
アーモストかアマーストか
懸賞論文 新島裏と聖書宮内 教司
“なお生きてあり”(二十四回) 自責の巻(3)森中 章光
新島先生遺品展目録

第23号(1960年10月)

“我もし地より挙げられなば万民を引き我に来らせん”(説教)新島 襄
感算理説新島 襄
日本文化と新島襄先生(講演)高坂 正顕
新島日記 明治十三年(5)
バルチモアにおける朝の祈り
新島 襄 教育思想とその形成過程(二)松本 嘉一
デビス博士の生涯(16)森中 章光
新島門下の俊秀文学博士 大西 祝
学生時代のジヨーセフ・ニイシマ
“なお生きてあり”(二十三回) 自責の巻(2)森中 章光 作

第22号(1960年7月)

“赤心をあつめて聖霊の火を点ぜよ”新島 襄
アマーストカレッジの伝統と新島先生児玉 実英
“無くてはならぬものは多からず唯一のみ”説教 新島 襄
新島襄 教育思想とその形成過程(一)松本 嘉一
新島日記 明治一三年(4)
デビス博士の生涯(15)森中 章光
新島門下の俊秀 山崎為徳の生涯とその書簡
“なお生きてあり”(二十二回) 自責の巻(1)森中 章光 作

第21号(1960年4月)

“神の愛と人の罪”(説教)新島 襄
W・Sクラーク博士の最初の日本人生徒
新島先生と渋沢栄一有賀哲太郎
新島日記 明治一三年(3)
デビス博士の生涯(14)森中 章光
津田仙翁が語る 若き日の新島先生
新島先生七十年記念会
随筆 安中物語田中 良一
山竜堂病院長 樫村清徳博士 沢辺琢磨
新島先生海外脱出幇助者の一人沢辺数馬の経歴
“なお生きてあり”(二十一回)森中 章光
新島書簡続篇発刊・「同志社設立の始末」
「同志社大学設立の旨意」英訳
「思想の科学」誌記事・会報

お問い合わせ

同志社社史資料センター

TEL:075-251-3042
FAX:075-251-3055
E-mail:ji-shasi@mail.doshisha.ac.jp
お問い合せ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)