1. 同志社社史資料センターホーム
  2. 2019年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3. 【10/1-12/1】第20回企画展「フレンドピースハウス―ハワイから同志社へ―」

【10/1-12/1】第20回企画展「フレンドピースハウス―ハワイから同志社へ―」

'19年10月23日 更新
 フレンドピースハウス(FRIEND PEACE HOUSE)は、1936年(昭和11)にフレンドピース奨学金制度の設立者であるハワイのセオドア・リチャーズ(Theodore Richards)夫妻が同志社病院長を務めたジョン・C・ベリー(John Cuting Berry)が住んでいた教師館の土地の一部と建物を同志社から購入し、改修して設立された施設です。土地と建物は同志社に委託され、ディレクター(寮監)のもと、上記の奨学金制度により派遣された日系二世のフェロー(奨学生)と、同志社の日本人学生が共同生活を営む施設として始まりました。
 フレンドピースハウスは2018年(平成30)に解体されました。それに伴い、本センターは建築部材や調度品の一部を資料として受け入れました。同時に、1920~40年代のフレンドピースハウス関係の文書資料の調査も進めてきました。本展は解体前のフレンドピースハウスの実像を伝えるとともに、フレンドピースハウス設立の経緯および草創期の歴史を辿ります。
開催日2019年10月1日(火)~12月1日(日)
閉館日月曜、祝日
開館時間10:00 ~ 17:00(最終入館16:30まで)
場所同志社大学 今出川キャンパス内 
ハリス理化学館同志社ギャラリー2階 企画展示室
主催同志社大学同志社社史資料センター
 フレンドピースハウス(FRIEND PEACE HOUSE)は、1936年(昭和11)にフレンドピース奨学金制度の設立者であるハワイのセオドア・リチャーズ(Theodore Richards)夫妻が同志社病院長を務めたジョン・C・ベリー(John Cuting Berry)が住んでいた教師館の土地の一部と建物を同志社から購入し、改修して設立された施設です。土地と建物は同志社に委託され、ディレクター(寮監)のもと、上記の奨学金制度により派遣された日系二世のフェロー(奨学生)と、同志社の日本人学生が共同生活を営む施設として始まりました。
 フレンドピースハウスは2018年(平成30)に解体されました。それに伴い、本センターは建築部材や調度品の一部を資料として受け入れました。同時に、1920~40年代のフレンドピースハウス関係の文書資料の調査も進めてきました。本展は解体前のフレンドピースハウスの実像を伝えるとともに、フレンドピースハウス設立の経緯および草創期の歴史を辿ります。
開催日2019年10月1日(火)~12月1日(日)
閉館日月曜、祝日
開館時間10:00 ~ 17:00(最終入館16:30まで)
場所同志社大学 今出川キャンパス内 
ハリス理化学館同志社ギャラリー2階 企画展示室
主催同志社大学同志社社史資料センター
お問い合わせ先
ハリス理化学館同志社ギャラリー事務室 Tel:075-251-2716