こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 同志社社史資料センターホーム
  2.  > 編集・出版
  3.  > 新島研究(第80号~第61号)

新島研究

第80号(1992年5月)

【巻頭言】
内村鑑三の同志社評仁井 国雄

宮城英学校 新島襄と押川方義本井 康博
新島襄先生の教育観と今日的課題汲田 克夫
デイヴィスの手紙に見る同志社女子部の草創期森永長萱郎
山本覚馬先生と明治の精神 西田直二郎 解題河野 仁昭
同志社女子部におけるキリスト教主義教育金井 栄子
新島襄の寄港地 津軽海峡の風間浦河野 仁昭
控えめな提言Q
NHKラジオ「こころをよむ」
-新島襄を語る(井上勝也先生)を聞いて
吉田 曠二
松尾音次郎について河野 仁昭
宣教の勇者デイヴィスの生涯(六)マール・デイヴィス著
北垣 宗治 訳

第79号(1991年11月)

【巻頭言】
「同志社設立の始末」に思う上田堅一郎

新島襄と山室軍平本井 康博
新島襄と柏木義円武 邦保
新島襄先生を偲ぶ松尾 光風
解説 河野 仁昭
遺跡をチェックしながら北垣 宗治
「新島・同志社・キリスト教」田中 久雄
新島襄先生肖像画の作製について星野 三雄
新島襄の脱鎖国性武 邦保
宣教の勇者デイヴィスの生涯(5)マール・デイヴィス著
北垣 宗治訳
最近の新島襄文献河野 仁昭
新島先生のことばの解説井上 勝也

第78号(1991年5月)

【巻頭言】
人間の偉大さ北垣 宗治

アメリカ研究としての新島研究北垣 宗治
新島襄先生が目指した人間像汲田 克夫
新島襄と札幌農学校の人々大山 綱夫
新島襄と大久保真次郎-「黒い目」と「赤鬼」本井 康博
同志社ハリス理化学校の内容とその使命末光 力作
玉島航海の意味河野 仁昭
琵琶湖疎水の煉瓦がハリス理化学館へ-第一報-谷川 孝造
新島襄の伝道と同志社門谷 清

第77号(1990年11月)<<森中章光先生追悼号>>

【巻頭言】
大丈夫の意地末光 力作

新島襄先生その『教育愛』森中 章光
新島襄先生の遺言と私の人生-時危うくして偉人を想う-森中 章光
新島研究の権威者森中章光先生の日記
-日々綴られた新島研究の足跡-
吉田 曠二
恩師の書簡-洗心草堂- 森中 章光編波多野政雄
新島襄と仏教徒-初期の同志社をめぐる仏教界の動向本井 康博
新島襄の心緒-署名する姿と形-杉井 六郎
新島襄の芥屋の大門紀行について末光 力作
森中章光先生追悼文
弔辞松山 義則
森中章光先生を送る辞秋山 哲治
森中章光先生と同志社教会佐伯 幸雄
森中先生のことども北垣 宗治
森中先生の想い出…萩原 俊彦
人生の転機-新島襄の片鱗に触れて石田 正弘
森中章光先生を憶う井上 勝也
『新島研究』と森中章光先生大鉢  忠
妻から見た森中森中 牟良
父の想い出松井 敬子
森中先生を偲ぶひと時
森中章光先生著書・論文目録河野 仁昭
宣教の勇者デイヴィスの生涯(四)マール・デイヴィス
北垣宗治(訳)

第76号(1990年6月)<<新島襄先生、永眠100周年記念特集号>>

【巻頭言】
新島研究の意義松山 義則

新島襄先生永眠百周年記念早天祈祷会奨励松山 義則
「創造の神との出会い」-新島襄をとらえたもの-飯 清
P・F・マッキ-ンとアボット・アカデミー北垣 宗治
大磯における新島襄河野 仁昭
新島襄先生の生涯から学ぶ井上 勝也
一粒の麦、死なずば
-苦学生大西留吉の生涯に学ぶもの-
頼冨 雅博
新島襄に学ぶもの(一九八九年懸賞論文一等入選作)山口ゆかり
新島襄に学ぶもの(一九八九年懸賞論文一等入選作)三木かおり
教室で新島襄をどのように教えるか(二)
パネラー 藤井広樹・柏木和宣・近藤十郎・北垣宗治司会 井上 勝也
宣教の勇者 デイヴィスの生涯(三)マール・デイヴィス
北垣 宗治(訳)
最近の新島襄文献河野 仁昭

第75号(1989年11月)<<松井七郎先生追悼号>>

【巻頭言】
「幽暗を照らす真光のため」(新島襄)森中 章光(注)

新島襄とその同志たち-アムビシャスなピューリタン-吉田 曠二
教室で新島襄をどのように教えるか(一)
パネラー 中村幸久・西村幸郎・小池基信・井上勝也司会 北垣 宗治
松井七郎先生追悼文
終戦のころの松井先生松山 義則
回顧 松井七郎先生秋山 哲治
松井七郎先生の死の前久永 省一
教会の灯火を消すことなく佐伯 幸雄
松井 純
追憶森中 章光
松井七郎先生のことども北垣 宗治
松井七郎先生と「京都三山登り」田島 繁
松井先生の思い出古館美由紀
「新島研究」と松井七郎先生大鉢 忠
放送劇「一粒の麦」(後編)森中 章光
宣教の勇者 デイヴィスの生涯(二)マール・デイヴィス
北垣 宗治(訳)
最近の新島襄文献河野 仁昭

第74号(1989年5月)

【巻頭言】
「良心の全身に充満したる…」(新島襄)森中 章光(注)

J・D・デイヴィス先生を憶う森中 章光
J・D・デイヴィス-人と思想-藤代 泰三
デイヴィスの手紙森永長壹郎
回想のデイヴィス河野 仁昭
宣教の勇者デイヴィスの生涯(一)マール・デイヴィス
北垣 宗治(訳)
J・D・デイヴィス文献目録河野 仁昭

第73号(1988年11月)

アンドーヴァーにあった新島先生の遺品A・B

【巻頭言】
「祈りを常になし…」(新島襄)森中 章光(注)

水崎基一先生と同志社大学松井 七郎
高梁が生んだ社会事業家留岡幸助先生と新島襄先生井上 勝也
中島重-高梁の生んだ平和の使徒-について武 邦保
同志社創業前史(一)二大試練と新島襄先生 森中 章光
新島襄と会津河野 仁昭
新島八重の葉書をめぐって末光 力作
デイヴィス先生生誕百五十年
放送劇「一粒の麦」(前編)森中 章光
「女のたゝかい」-新島襄の生涯 座談会
アンドーヴァーにあった新島先生の遺品(口絵写真の説明)
最近の新島襄文献河野 仁昭

第72号(1988年4月)

【巻頭言】
「小生斃るゝも…」(新島襄)森中 章光(注)

新島襄の最初の英作文北垣 宗治(訳)
新島襄先生と植物末光 力作
新島襄とピユーリタニズム和田 洋一
新島襄の母校河野 仁昭
新島襄のキリスト教-その信仰の系譜-武  邦保
徳富蘇峰先生と同志社大学森中 章光
新島襄先生の永眠に想う松井 七郎
新島襄と聖書山本 文雄
「新島襄」を教えて中村 幸久
新島襄の見たアメリカ(新島懸賞論文)村田 晃嗣
新島襄から学ぶもの(新島懸賞論文)川上  揚
新島襄と欧米文明(新島懸賞論文)伊藤 孝人
梶谷仲さんのお墓のこと秦 芳江
快風丸の前身について北垣 宗治
最近の新島襄文献河野 仁昭
新島研究関係外国人名・地名日本語標準表記について編集部
表紙「雷さん」の解説井上 勝也

第71号(1987年11月)

【巻頭言】
「信仰を以て学校の基礎となし」(新島 襄)注・森中 章光

新島研究の概要と研究会の使命森中 章光
ハーディー氏の没後百年北垣 宗治
その後のベルリン号北垣 宗治
仙台・東華学校の創立百周年に想う久永 省一
熊本バンドと新島襄北垣 宗治
海老名弾正先生と私松井 七郎
徳富蘇峰先生の新島観森中 章光
新島襄先生と安部磯雄先生森中 章光
小田時栄(元覚馬夫人)考丸本 志郎
愛の人新島襄先生森中 章光
強い同志社人に-新島襄の生涯を通して考える井上 勝也
最近の新島襄文献河野 仁昭
新島襄全集第三巻の上梓にあたり杉井 六郎

第70号(1987年5月)

【巻頭言】
「受洗欣喜 天父の鴻恩感謝」(新島 襄)注・森中 章光

この特集について編集委員会
よみがえれ同志社の良心原 正
新島襄の墓河野 仁昭
旧新島襄墓碑の劣化・損壊と保存修理鈴木 重治
新島襄先生墓碑再建除幕式々辞松山 義則
新島先生の墓碑再建の意味を考える遠藤  彰
痛憤を越えて敢て寮生を信頼する小野 高治
新島先生の墓新井 浩
「主張」新島研究会(役員会)
森中章光先生・名誉文化博士号を受ける

第69号(1986年4月)

【巻頭言】
「国会開設祝賀のため」(新島 襄)注・森中 章光

『信仰の自由』を建白した晩年の新島襄吉田 曠二
新島襄の函館滞在末光 力作
新島襄先生の教育理念と現代の教育秋山 哲治
安中藩制と新島家の人々鏑木路易
新島襄と漢詩須賀 昌五
勝山・波多野培根先生森中 章光
新島襄の説教について(その五)武 邦保

第68号(1985年8月)

数百年後の美果とならん(新島 襄)注・森中 章光
パートレット総長とハーディー教授
-新島先生生誕一四二回記念講演-
北垣 宗治
ビースバァデンにて松山 義則
新島襄の北海道旅行末光 力作
士佐の自由民権家と同志社吉田 曠二
新島襄の教育思想-遺言私解 九十五周年を記念して-森中 章光
新島襄の説教(その4)武 邦保
新島襄と先進諸国和田 洋一
「新島研究会」基金のお願い松井 七郎
一九八五年度新島研究会報告井上 勝也
同志社新島研究会第五回地方講演会萩原 俊彦
同志社新島研究会第一回東京講演会萩原 俊彦

第67号(1985年2月)

常に眼を開き、天下の真相を監察せよ(新島 襄)注・森中 章光
新しい日本人のビジョン武田 清子
新島襄と四国人末光 力作
『坊ちゃん秘話』に寄せて近藤 英雄
聴天聲美藤 章
四国レポートー新島研究会に寄せる高尾 哲
「西村清雄」研究西村 拓
新島研究会・森中章光氏のことに触れて
-同志社新島研究会第四回地方講演会に出席して-
面地 豊
見えざる聖手のみちびき森中 章光
新島 襄の説教-その社会神学的一側面(その3)武 邦保
書評・愛媛のキリスト教伝道と西村清雄を学ぶにふさわしい二冊の新刊書萩原 俊彦

第66号(1984年5月)

主の栄光を世の人々の前に顕わせ(新島 襄)注・森中 章光
学生キリスト教青年会運動と新島襄(上)
会津時代の山本覚馬若月 健悟
山本覚馬の建白書「管見」の写本について大西友三郎
現代大学教育と新島精神梁瀬 健
“元治元年新島七五三太二十一歳頼富 雅博
真の新島精神を受け経ぐ責任-柳島・田畑両先生に学ぶ-吉田 曠二
会津人・山本覚馬研究に必要な関連図書萩原 俊彦
新島襄の説教-その社会神学的一側面(その2)武 邦保
(表紙写真説明)-新島先生がフィリップス・アカデミー時代
ホーム・スティしたヒドウン家及びミスヒドウンについて井上 勝也

第65号(1983年12月)

「心力を竭し此道を伝えん」(新島 襄)森中 章光(注)
新島襄先生安中新屋敷碑文(湯浅 半月)
新島襄先生と安中教会松井 七郎
「新島襄の生涯と手紙」覚え書き北垣 宗治
新島襄のフェミニズム(女性思想について)秦 芳江
山本覚馬と障害者問題住谷 磬
新島襄の説教とその「社会神学」的一側面武 邦保
アーモスト大学再訪記井上 勝也

第64号(1983年5月)

「偏に人材を陶冶し-」(新島 襄)注・森中 章光
偉人の出遭-山本覚馬先生と新島襄森中 章光
山本覚馬-おぼえがき・人と思想原田久美子
会津に残る山本覚馬ゆかりの遺跡若月 健悟
山本覚馬が同志社教育に期待したもの大橋 寛政
会津地方近代民衆史の課題掘 幸一郎
会津女性展のなかで小絵山六郎

【読書案内】
会津の女性 新島八重を学ぶに必要な近刊書萩原 俊彦

悲哀のしもべ・新島 裏本井 康博
「回想の加藤勝弥-クリスチャン民権家の肖像1」を読んで武 邦保

第63号(1983年1月)

徳の高き尚天の如し 日夜生の及ばざるを憂う新島 襄
中山光五郎あて新島書簡写森中章光
新島襄と札幌独立教会末光力作
新島襄と北海道のキリスト教(上)萩原俊彦
函館時代の新島襄井上勝也
函館の外商フレデリック・ジョン・ウィルキー手塚竜麿
「新島のおじさん」と「満坊」大島正満
新島襄日本脱出の背景 ― 函館と福士成豊について―千代 肇
悲劇と栄光の人新島襄(二) ― Durch Leiden zur Glorie ―志賀英雄
宣教師関係資料にあらわれた ― 国際人としての「新島襄」武 邦保
講演会「新島襄とニコライ宣教師」を終えて築茂三郎
同志社地方講演会に参加して西谷潤一
新島研究会の北海道の講演会に参加して石川仲伊
新島研究会講演会・一九八二年度総会報告井上勝也

第62号(1982年3月)

新日本構造の良材を培養せんと計る新島 襄
新島襄先生と山本覚馬先生森中 章光
京都辻代化の恩人山本覚馬の顕彰運動を盛大に田村 敬男
山本覚馬をしのび語る会(報告)萩原 俊彦
悲劇と栄光の人新島襄― Durch Leiden Zur Glorie ―志賀 英雄
同志社新島研究会大阪講演会開会の挨拶松井 七郎
新島襄 最初の上陸地点-付川口与力町といぅ呼称鏑木 路易
新島襄先生とクラーク博士末光 力作
宣教師関係資料にあらわれた「新島裏」武 邦保
小ノート 岸和田山岡家走り書萩原 俊彦
新島襄先生生誕記念会(報告)井上 勝也
一九八一年度同志社 学生・生徒による「新島襄」懸賞論文-入選者発表武 邦保

【表紙写真説明】
ハーディー家の墓地井上 勝也

第61号(1981年8月)

閑散の身となるべきか はた血戦を試むべきか?!新島 襄
神愛無限森中 章光
新島襄と越後長岡伝道本井 康博
英文新島書簡 ハーデー夫妻あて(14)
“悲新島先生逝去文”(原漢文和訳)西田幾多郎 遺文
飯田逸之助あて“新島書簡”
“忰稽古修行一件”(4)新島 民治 記
米欧学視察巡歴中のハーデー夫妻あて新島書簡(和文訳)(2)
この人NEESIMA(15)
新島襄あて徳富猪一郎書(明治専門学校及び同志社大学につき)
大学発起人に関する新島邸での初会合(新島記録)
“同志社大学設立の旨意”その発表に至るまで
新島書簡編集 資料蒐集の旅(2)森中 章光
新島襄論山路 愛山 遺文
西京引移り日記新島 是水 記
日本組合基督教会略史(下)
澤辺琢磨書簡(新島について)

お問い合わせ

同志社社史資料センター

TEL:075-251-3042
FAX:075-251-3055
E-mail:ji-shasi@mail.doshisha.ac.jp
お問い合せ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)